あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

鼻呼吸で風邪予防!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

人間は1日2万回呼吸しています!!

空気中には約2000種類の細菌がいますが、呼吸で数多くの細菌を吸い込んでいます。

 

皆さんは口で呼吸していますか?

それとも鼻で呼吸??

 

 

口呼吸では、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、温度や湿度も高められません。

気道が細菌やウイルスに感染する危険性が高まり、風邪やインフルエンザに

かかりやすくなってしまいます。

 

さらには口呼吸の場合、歯肉炎などを起こしたり、虫歯になりやすくなる

といったことも指摘されています。

これは口の中の乾燥が影響するからです。

 

一方、鼻呼吸は・・・

鼻は、空気をきれいにする 働きも持っています!!

 

まず、ホコリなどが体内に 侵入するのを防ぐのが鼻毛です!

そして鼻粘膜に生えている微細な 線毛と粘液層が、細菌やウイルスなどを 捕獲します。

 

 

つまり、鼻から入った空気は これら異物の多くが除去され、
いわば空気清浄器から放出された 空気のような状態になっているのです。

 

体の仕組みってすごいですねキラキラ

 

また、粘液には抗体があるため、細菌やウイルスが粘膜の細胞に付着したり

侵入するのを防ぎます。

 

風邪やインフルエンザは、病原体が 細胞内や粘膜で増殖することで発症しますので、

鼻から入った空気は、口から入る空気より、感染症にかかる リスクが少なくなるのです!!

 

 

また、鼻から呼吸することで、空気が温められます。

その温度は35~37度にもなります!

 

口呼吸ではここまで温められることがなく、冷たいまま肺に届けられてしまいます。

すると、肺の免疫力が低下するリスクにつながったり、肺にかかる 負担が

大きくなってしまいます。

 

このように、鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3台を合わせた機能を持っています。
 
だから、健康のためには鼻呼吸が重要なのです!!

 

 

◆口呼吸を治す方法

 

舌の筋肉が弱ってくると、舌の重みで口が開いてしまい

口呼吸になりやすくなります。

 
では、どうやって改善すればいいでしょうか?
 

 

そんな方は、「あ~い~う~べ~」と言って、全力で思いっきり舌を動かしながら

声を出すと、舌の筋肉が鍛えられ、口が開かなくなってきます!

 

ぜひ、一度やってみてください。

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.