あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

免疫力を上げる筆頭食材・めざめ(発酵発芽)玄米

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。




めざめ(発酵発芽)玄米を食べ始めたけれど、お通じが
消化しきれていない感じで、不安だという相談を受けました。


玄米の栄養素の95%は、
『糠(ぬか)』の中に存在するとまで
言われています。


『糠』をとってしまった白米が、
いかに栄養が無いか分かる数字ですね。


この糠は、食物繊維が豊富なため、
玄米を食べることで、体内に取り込まれた色々な
化学物質を取り込んで、消化管から体外へ排泄してくれます。

現代人は、気を付けていても、
添加剤、保存材、着色料などの異物が
大量に体内に流入してきています。


栄養バランスや消化吸収の良さもさることながら、
この玄米の糠(ぬか)の部分のデトックス効果が、凄いのです!


このめざめ玄米のデトックス効果が腸にある
免疫細胞(全身の6-7割あるといわれる)の働きを各段に高めます!!


特に、発芽させて発酵させためざめ玄米なら、
玄米と比べて、栄養価も消化も良くたいへんお薦めです。






古来からの主食・めざめ玄米



日本人は古来から麹菌を使って
甘酒なども作ってきました。

甘酒は60度前後で発酵します。

玄米の周りに付いている菌、
玄米菌の発酵至適温度は72度前後です。

昔は電気はなく、今のように温度を
一定に保つための機器は存在しません。


ただし、温めると
より発酵が進むということは、
経験的に分かって、
実践もされていたかと思われます。


玄米は水に浸けておくだけで
発芽していき、炊いた後も
今ほど完全に発酵はしていなかったかと思いますが、


玄米というよりは、
めざめ玄米に近いごはんを

古来からずっと、江戸時代に白米に切り替わるまで
多くの日本人がずっと食べてきたと思います。


今のように、機器を使って
完璧に発酵させるようになったのは、
酵素玄米として紹介され始めた
30年くらい前からです。





私は、10年以上、このめざめ玄米を
多くの方々に推奨しており、
お陰様で、すでに全国で100万人の人々に
食べて頂けるようになってきました。



半年から1年食べていると、
皆さんとても健康になって元気になっていかれます。


毎日食べていると、
白米よりも消化が良く、胃もたれもしません。


めざめ玄米(発酵発芽玄米)は、
母乳に次ぐ栄養価がある食品ですので
食べ続けてみてください!


続けると、本当に栄養があることが、
感覚として、実感できるようになります。


相談の回答としては、
「めざめ玄米の消化は、食べ始めは消化しづらい方もいらっしゃいますし、
個人差もありますが、食べ続ければ3か月以内には、
消化できるようになるので、継続して食べることをお薦めします」となります。

また、めざめ玄米食にすると
免疫力が上がるだけでなく、
腹八分で満足できるようになり
自然と、体脂肪が落ちやすくなります。



自粛で在宅されて、
体重が増えて困っている方、
夏に向けてダイエットされたい方は
ぜひ、めざめ玄米の常食を検討してみてください。


もちろん、大人だけでなく、
お子さん、年配の方やペットのワンちゃんまで、
免疫力の向上をはかるため、たいへんお薦めしています。

めざめ玄米については、コチラにお米や道具が分かる詳しいサイトを用意しています。
ご興味がありましたら、ぜひご覧ください。



この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.