あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

【知っ得】免疫を下げない食事・砂糖フリーで若返ろう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

以前テレビで、数十年前から砂糖を一切摂取していない80代の

おばあちゃんがとりあげられていました!

 

透き通るような肌で白く、シミやシワがほとんどありません  !!

 

白砂糖がよくないということは知ってはいましたが、一切摂取しないことで

あんなにキレイでいられるなら、頑張れるかもと思いました 。

 

 


 

以前、ニュースでとりあげられていた「砂糖を摂取しないとどうなるか」についてご紹介します 。

 

肌がきれいになるその理由は、インシュリンの分泌量が減るから!!

 
砂糖を消費すると、体がインシュリンを分泌するため、炎症を引き起こし、

皮膚のコラーゲンやエラスチンを 破壊することになりかねません。

 
 

また、砂糖が消化されるとコラーゲンと 結びつきます。

砂糖が多すぎると、コラーゲンの働きに 悪影響をおよぼし、

お肌の不調やシワを 増やすリスクが高まります。

 

 

これらは砂糖を摂っていなければ、起こらないことです!

 

 

糖分の多い食べ物は、グリセミック指数(食品ごとの血糖値の上昇度合いを間接的に表現する数値)が高いのです。

 

 

それはつまり、血中に素早く糖が出され、血糖値が急に上がってしまうということ!

いったんは、エネルギーレベルが上がるけれど、その後、インシュリンが血液から細胞内に糖分を取り込むため、
 
急激な血糖値の低下が起こり、エネルギーの不足を感じて、さらなる糖分を求めるという悪循環に陥ってしまいます。

 

 

糖分への依存を断ち切れば、急激なアップダウンがなくなり、エネルギーレベルが1日中、

より一定に保たれて、非常に快適になりますよキラキラ

 

 

体重が必ず減るとは言えないものの、しばしば砂糖断ちによる大きな副産物の

一つに挙げられるのが“減量”

 

砂糖は、グレリン(飢餓ホルモン)の働きを活発化させるため、

食欲が刺激され、食べ過ぎたり、満足感の続かない食べ物を口にしやすくなります。

 

 

ぐっすり眠れる砂糖を多量に摂取すると、眠りのリズム調節に不可欠な、

脳内のメラトニンの分泌を遅らせることになります。

 

 

その上、睡眠不足は砂糖への欲求を強めるため、さらなる悪循環に・・・

 

研究によると、睡眠不足は血糖値のアンバランスを招き、

さらに砂糖を食べたくなるそうです 。

 

 

普段から多量の精糖(白砂糖、グラニュー糖など精製した砂糖)を口にする人は、飽和脂肪酸を過剰に摂取し、

食物繊維をあまり摂らない傾向も見受けられるそうです。

 

 

砂糖を避けて、その分、食物繊維の豊富な果物や野菜、ナッツ、種子類、全粒粉などを

食べるように心がければ、睡眠の質や健康にも良い効果が得られますキラキラ

 

 

体のことで思い当たる方は、砂糖の摂り方を見直してみましょう!

 

 

私は、白砂糖ではなく、出来るだけ、はちみつやてんさい糖、メイプルシロップなどを使うようにしています。

 
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.