あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

ダイエットに効果的な糖質の摂り方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

糖質というと、真っ先にご飯・パン・麺があがるでしょうか。
 
数年前から、糖質オフという言葉が流行っていますが、
糖質が身体の中でどうなっているのかまで、理解している人は少ないように思います。
 

 

 
糖質は、砂糖だけでなく、でんぷんにも多く含まれます。
 
でんぷんを多く含む、ごはん、パン、麺、イモ類など、糖質が多い炭水化物を食べると、
糖質はそのままエネルギーとして使われるのではなく、

体内で分解され、「単糖」という最小単位になり、消化吸収されます。

 

でんぷんは、多糖類という鎖状になっていますが、

それが酵素の働きによって、十二指腸へ到達する頃には

たったの数個しか連なっていない状態の二価糖、オリゴ糖にまで分解されます。

 

その後、小腸まで辿り着いた糖は、αグルコシダーゼという分解酵素によって、

最終形である「単糖(ブドウ糖や果糖)」にまで分解されます。

 

ここでようやく吸収されて、エネルギーとして活用されるのです。

 

 
糖質は、たんぱく質や脂質と違って、すぐ使えるため、
人間にとって欠かせない、なくてはならないエネルギーなのです💦

 

また、エネルギーとして活用されるだけでなく、筋肉などにも蓄えられます。

これも人類が飢餓を乗り切るために進化してきた証。

 

しかし現代は、飽食の時代タラー

 
エネルギーとして使い切れず、筋肉などに蓄えたとしても、まだ糖が余ってしまう状況・・・

そこで、最終的に、この余った糖が「脂肪」として蓄えられてしまうから太るのです。

 

 

 
 
若い頃はどんどんエネルギーとして活用できていましたが、

中年になるとお肉がつきやすくなるのは、需要と供給のバランスが崩れているからです。

 

ですが、極端に糖質を遠ざけて、糖質不足になると、
疲れやすくなったり、体力の低下を感じる
ことになるという弊害もあります。
 
流行にのった糖質オフ生活は、大変危険です!
 
効果的にダイエットしたい方は、急に糖質を遠ざけるのではなく、
量を加減して、減らしすぎないようにしましょう。

 
適度な量は個人にもよりますが、ダイエット中ならば、私のお薦めは昼と夜ごはんに、
めざめ玄米(発酵発芽玄米)ごはんなら、お茶椀に軽く1杯(1日量だと2杯位)だと思います。
 
健康で美しく痩せるためには、暴飲暴食を控えると共に、
極端な糖質オフではなく、適度な質の良い糖質が必要です!
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.