あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

【動画】主食の質が人生を変える②~人の適応食とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

今回は「主食の質が人生を変える」をテーマにお話した5回シリーズの2回目となります。

まず、根本的に健康になるために「人の適応食とは何か?」を知っていただきたく、
解説動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。
 
 

 

まず、一番食事で重要なのは「食の三原則」です。

これは、古来から言われているものです。

この食の三原則を覚えておくと、健康的に暮らすには
日々の生活の中で、何を食べたらいいか分かるようになります。

 
その1つが適応食というものです。

自然界の動物にはこれだけ食べれば栄養の6,7割満たせるものがあります。

例えば、パンダは何を食べてますか?
毎日笹ばかり食べていますね。
 
適応食
 
コアラは、何を食べてますか?
ユーカリの葉っぱばかり食べています。

パンダは笹だけ食べてて
コアラはユーカリだけ食べます。

 
それを食べるだけで
ほとんどの栄養は満たせるのが適応食と呼ばれるものです。

我々、人も自然界の動物の一種なので
それだけ食べて

栄養の6,7割が満たせる
という適応食があります。

人間にとっての適応食とは?というと、
「穀物菜食」であるといわれています。

 
これは人間の体の構造や進化の歴史を見ていくと明らかです。

例えば分かりやすくいうと、歯を見てみましょう。

私たちは32本歯があります。

そのうち20本は臼歯と言われる穀物をすりつぶすのに適した歯です。

 
私たちのあごの構造は、縦にも動きますが
横にも動きます。

横に動くのは
穀物をすりつぶすのに適した歯ということです。

ライオンとかトラなど肉食動物は縦にしか動きません!

さらに、私たちの体の中の酵素の割合は、
炭水化物を分解する「アミラーゼ」は沢山入っていますが
脂肪やたんぱく質を分解するための酵素は、10%ほどです。

 
人体は穀物菜食に適した体の構造をしていると分かりますね。

食の3原則の1つ目は「人の適応食が穀物菜食である」と覚えておいてください。

 
2つめに身土不二があります。

別の言い方で言うと「地産地消」と言われます。

自分の住んでいる所に近い物を食べた方がいいという法則です。

今は交通が発達してるので遠くから運べますが
本来は自分の住んでいる20キロ四方しか食べられなかったのです!

 
私たちは本来、自分の近くにある
周りの物を食べるだけで健康に生きられるよう作られています。

なるべく自分の住んでるところに近いもの、
または気候に近いものを食べるといいですよ!

 
3つめが一物全体と言って丸ごと全部食べるということ。

例えば、お米だと胚芽に栄養があります。

お米は、胚芽の周りの糠(ぬか)に9割の栄養があります!

 
糠を削ったのが白米で、日本人の殆どは白米を食べていますが

米へんに白と書いて粕(かす)と呼ばれる白米には、ほとんど栄養がありません!

米でも野菜でも、出来るだけまるごと全部食べることが大事です。

丸ごと一物全体といって、全部食べましょう
というのが3番目の原則です。

 

「食の三原則」

・人の適応食は穀物菜食

・身土不二

・一物全体

 
を守ると食事の質が各段に良くなります!!

 
すると、腸の中が綺麗になって

血液がサラサラになって

一つ一つの細胞が元気になって

身体全身が健康になっていって

最後には、心のバランスまでもとれて、好循環に!

 

 
 
まず食の三原則を知って、活用しながら生活しましょう!!

具体的に、もっと詳しく知りたい方は
ぜひ動画をご覧になって、参考になさってみてください。
 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.