あまてらす株式会社

免疫UP・デトックス・予防医学のことなら

【動画】主食の質が人生を変える③~めざめ玄米の有用性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

今回は「主食の質が人生を変える」をテーマにお話した5回シリーズの3回目となります。

根本的に健康になるために、「めざめ玄米(発酵発芽玄米)の有用性」が分かる
解説動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。
 

 

 

 
穀物の質を改善させるための画期的な方法、

弊社が「めざめ玄米」と呼び、推奨しています「発酵発芽玄米」についてお伝えします。

 

 

「発酵発芽玄米」とは、弊社が発明したわけではなく、

日本人が古来から食べていたものです。

今こそ、古来からの日本人の食べ方に戻しましょうとお伝えしてるだけなんです!

 
 

 

 
古来、今のように精米機はないですから、硬い籾(もみ)を外すには、

餅つきと同じように、杵と臼のようなものを使い、杵を突くことで外していました。

 
そうすると、どうしても玄米に傷がついてしまうのが当たり前でした。

 
今みたいに炊飯器はないですから、羽釜で炊いていましたが、

そのままだと米が硬いので、前の日から玄米を水に漬けていました。

 

そうすると、玄米ですから、自然と発芽していたのです。

 

 

しかも、今みたいに電気がないので、毎日ごはんは炊きません。

 
そうすると、発芽した玄米ごはんは自然と発酵して、

発酵発芽玄米に近いごはんができ、それを食べていたと考えられます。

 

 

その後、技術が進歩して、うまく籾をはずせるようになると、

傷ついていない玄米が出回り始めました。

 
ですが、その玄米をそのまま炊くと、

ボソボソしてて美味しくないし、食べるのにも疲れます。

 

 

そこで、貴族など一部の人たちは、玄米を削って白米を食べ始めます。

 
白米のほうが玄米よりも、柔らかいし、色は白くてきれいだし、

美味しいし、胃もたれもしないということで、他の人も真似するようになります。

 

 

 

 
その後、庶民にも白米が広がったのは、江戸時代中頃からです。

 
その余波でずっと今も、日本国民の99%以上は白米がずっと主食だと思って食べていますが、

実は、玄米を発芽して発酵した発酵発芽玄米を食べることが、古来からの食べ方なのです。

 

 

今ほとんどの人が白米を食べていますね。

玄米は栄養価はあるのですが、「眠った米」と言われてます。

 
なぜそう言われるかというと、よく噛まないと吸収されないからです。

 
玄米を発芽させて、さらに発酵させて、弊社が「めざめ玄米」と呼ぶような

玄米にすると、元気な栄養たっぷりのお米に早変わりします。

 

 

 

 

では、白米と玄米と発芽玄米と発酵発芽玄米がどう違うか?

というのをちょっと科学的に説明します。

 

 
白米も玄米もブドウ糖がつながったデンプンの形しています。

 
よーく噛むと唾液の中に入ってるアミラーゼという酵素

分解できるので、血管の中に入って吸収することができます。

 

 

玄米は、潜在的には栄養素をたっぷり含んでいます。

ただし、よく噛まないと消化吸収が悪いので、吸収されないという欠点があります。

 

 

噛むことって非常に大切で、噛んだほうがいいと、

誰しも頭ではよく分かっているのですが、現代人は忙しくてあんまり噛めていません。

 
本当は玄米をしっかり食べようと思ったら、

ごはん茶碗軽く1杯でも、小一時間かかるほどです。

 
ですから、忙しい現代人が普通に玄米を食べた時、胃の中には入っているけれど、

血管の中まで吸収されていないので、食べてないのと一緒なんです!

 

 

 
私たちの体は、ちくわと同じような感じだと思っていただくと分かりやすいです。

ちくわは、真ん中に空洞がありますね。

 
私たちの消化管もそんな感じになっていて、

消化管の胃の中や腸の中に入れただけでは、食べたことになりません。

 
腸壁から吸収されて、血管の中に入っていて、

やっと初めて体内に入ったということになるんです。

 

 

なので、玄米を発芽させるといいですよ!

 
発芽させると良いことは、でんぷんが一つ一つのブドウ糖まで

分解されることです!

 
極端な話、噛まずに食べても消化吸収できるような

消化吸収の良いご飯に早変わりするので、発芽させて食べるといいです。

 
この発芽させるだけでも、かなりいいのですが、

玄米の周りについている玄米菌と言われるものが

保温を続けると増えて、さらに新たな栄養価を生み出します!

 

 

◆めざめ玄米(発酵発芽玄米)のメリットをまとめると

第一に、消化吸収が良いということです。

 
第二は、酵素が新たな栄養素をどんどん分解して
栄養も生み出すので、栄養価が倍増するということです。

 

 
今いろんな食べ物が世の中にいっぱいありますが、

それだけで100%の栄養が満たせるものは、1つだけで、母乳だと言われています。

 
母乳に次いで栄養バランスがいいのは、私が調べるかぎり、

おそらく、めざめ玄米ではないかと思います。

 

 

以前は、玄米を発芽させて発酵させるのは大変でしたが、

今は、ボタン1つ押すだけで、誰でも簡単にできる 発芽発酵できる専用炊飯器 ができています。

 
なので多くの方が食べるようになって、日本で100万人位たべるようになっています。

 

 

このめざめ玄米が非常に良いと言われる理由の一つに、

デトックス効果というのがあります。

 
なぜ、デトックス効果があるかと言うと、

米の周りのもみの所には、食物繊維がいっぱい入っています。

 
めざめ玄米についている食物繊維が体内へ入っていくと

体積の5-6倍ぐらいに増えます!

 

 

 
そうすると便のかさが大きくなるんです。

 
その大きな便は腸壁を通る時に、そこについている宿便をこそぎとったり、

化学物質や食品添加物などをつかまえて、外に排出してくれるんです。

 
これは健康に非常にいいことです!!

 

 

玄米がもつ食物繊維は、腸を綺麗にお掃除してくれて、

放射性物質をも外に出すことができると言われています。

 
広島とか長崎で原爆が落ちた時に、1キロ位で被爆してるにも関わらず

原爆症になってない人たちが沢山いらっしゃいます。

 
そういう方たちは、どうして大丈夫だったかというと、

玄米を食べたり、味噌などの発酵食品を食べていたことが分かっています。
 

 
 
このめざめ玄米を食べていただくと、相当体調が良くなっていきます。

非常に栄養バランスがいいので、大変お薦めしています。

 

 

ただし、材料が大事なんです!!

 
材料お米の質というのは、パソコンのソフトウェアと同じようなもので、

ソフトがうまく動かないと、すごいハードウェア(発酵発芽玄米炊飯器)を持っていても

うまく動かないのと同じです!

 
あとは、パソコンの使い方と同様、炊き方や発芽の知識のノウハウも大事です。

炊飯器、材料、ノウハウの三つが揃って初めて、美味しくて健康に良いめざめ玄米(発酵発芽玄米)が食べられます。

 

 

 
特に弊社は、炊飯器だけでなく、完全無農薬無化学肥料のお米を購入できたり、発酵に関するノウハウも提供しています。

 
ぜひ三拍子揃った状態で、めざめ玄米(発酵発芽玄米)を継続して召し上がっていただけたら、今よりぐっと免疫力も上がり健康になれると思います!

 

 

弊社では、これらがセットになった「めざめ玄米腸活プラン」を用意しております。

ぜひ、このプランも参考になさってみてください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
渡辺 茂(真健康案内人シゲル)
食事をベースに、体・心・霊性の 健康と生き方についての道案内役として、毎日楽しく活動中。

Copyright© シゲルブログ , 2020 All Rights Reserved.